iPad版のマインクラフトにActual Gunsをインストールした

スポンサーリンク
遊び
スポンサーリンク

子供がiPad版のマインクラフトにハマってしまい、YouTubeで仕入れたのか、アドオンをインストールして、とせがんできました。iPad版への導入は、やってみると結構大変だったのでメモしておきます。

iPad版のマインクラフトはBE(Bedrock Edition)版(昔はPE(Pocket Edition)版と呼ばれていた)と呼ばれています。これはPCで遊べるJava版と比べると、アドオンの数が少ないです。

今回はActual Gunsという銃のセットで遊べるアドオンを選びました。

本当は、まいぜんシスターズで使っていた、近未来の銃が使えるTechgunsが欲しかったらしいのですが、これはJava版しかなかったので、似たようなActual Gunsのアドオンを導入しました。

iPad版のマインクラフトにアドオンを入れる手順はこの通りです。

  • 好きなアドオンのファイルをDL
  • アドオンのファイルを解凍
  • マインクラフトのフォルダに格納
  • マインクラフトをアドオンを選択して起動
スポンサーリンク

好きなアドオンのファイルをDL

今回、導入したActual GunsはここでDLできます。上のパッケージには”ENABLE WITH THE BASE ADD-ON”と記載があるので、それにしたがって、下のBase Add-onも一緒に導入する必要があります。

Actual Guns CSO V3.1.8: “2nd Generation” Update

このサイトの下の方にDownloadsファイルがあり、ここでは赤線の4つをダウンロードします。

  1. CSO2 DLCに対して、Behavior PackとResource Packの2つ
  • CSO2 DLCb.mcpack
  • CSO2 DLCr.mcpack

  1. Download Base Add-onに対して、Behavior PackとResource Packの2つ
  • ActualGunsB.mcpack
  • ActualGunsR.mcpack

の4つをダウンロードして、導入しないとActual Gunsでは遊べないということになります。

スポンサーリンク

アドオンのファイルを解凍

Documents by Readdleを利用して、ダウンロードした、mcpackという拡張子のファイルをzipにします。そうすることで、iPad上で解凍します。

  • CSO2 DLCb.zip
  • CSO2 DLCr.zip

Download Base Add-on: Behavior PackとDownload Base Add-on: Resource Pack

  • ActualGunsB.zip
  • ActualGunsR.zip

解凍すると。赤矢印のようなフォルダが生成されます。

スポンサーリンク

マインクラフトのフォルダに格納

zipファイルを解凍すると、フォルダが出来上がります。これらのフォルダをマインクラフトのフォルダに移動させます。

Minecraft/games/com.mojang/behavior_packsには、フォルダの最後に”b”があるBehavior Packをコピーする。

Minecraft/games/com.mojang/resouce_packsには、フォルダの最後に”r”があるBehavior Packをコピーする。

スポンサーリンク

マインクラフトをアドオンを選択して起動

リソースパックにアドオンが現れるので、両方とも有効化します。

同じように、ビヘイビアパックにアドオンが現れるので、両方とも有効化します。

実験を全て有効にします。

その後、生成すると、タイトルに”ACTUALGUNS”と表示されれば、アドオンの導入が成功です。

銃を使うには、”Void Bullet”を同時に装備することで利用できるようになります。

スポンサーリンク

まとめ

iPad版のマインクラフトへのアドオンの導入は敷居が高かったですが、一回やってみるとそこまで大変ではありませんでした。

ただ、iPadはファイルの操作がPCとは異なるので、ここの部分が乗り越えられるかがキモかと思います。