ナーサリールームベリーベアー深川冬木のコンセプトは自然

スポンサーリンク
子育て
PublicDomainPictures / Pixabay
スポンサーリンク

今年2017年4月に開園になるナーサリールームベリーベアー深川冬木について、気になる方は多いのではないでしょうか。まだ開園していないので生の情報は手に入りませんが、少しずつ情報は入ってきています。公式サイトにコンセプトが発表されていたので紹介します。

ベリーベアー深川冬木 | ベリーベアー | ネス・コーポレーション

 

 

スポンサーリンク

ナーサリールームベリーベアー深川冬木とは

2017年4月に開園するナーサリールームベリーベアー深川冬木には下記にもまとめています。初めての方は下記のページもご覧ください。

 

スポンサーリンク

保育園のコンセプトは自然

日本最大の1400坪を超える広大な敷地で自然に囲まれた環境

ナーサリールーム ベリーベアー深川冬木のコンセプトは自然です。

 

1400坪あるので、園庭はもちろんのこと、体育館、アスレチックフィールドもあります。自然をコンセプトにしているので、多くの樹々を植える計画のようです。子供は自然の中で育つのが良いと昔から言われていますので、これに共感する方は多いのではないでしょうか。

 

建物は2階建てです。1階には0歳~2歳の教室、2階には3歳~5歳の教室があります。屋上庭園があるのもプラスです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-02-23-40-13

ベリーベアー深川冬木 | ベリーベアー | ネス・コーポレーションより引用

 

 

スポンサーリンク

やっぱり通園は便利

敷地内には約150台の大型駐輪場を開設。施設の一部は周辺住民の方に解放。

敷地内に150台の大型駐輪場が開設しますので、自転車で通園される方にはとても便利です。自転車を置いて、徒歩3分で門前仲町駅に行けますので、この保育園に決めたならば通勤ルートを変えてもよいかもしれませんね。ちょっと遠くても自転車が使えるならば気になりません。

 

保育園が足りないと言われていますが、新しく保育園を開設することは近隣の方の理解を得られないと難しい状況になっています。

吉祥寺の認可保育所、武蔵野市が開設断念 近隣住民反対で

ナーサリールームベリーベアー深川冬木は地域住民の方にも保育園の一部を解放し、開園した後も地域に根ざした保育園を目指すようです。開設の承認が得られても、保育園はずっとあるものなので、地域の方と協働する、というのはとても大事だと思います。